S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

















一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | -
3月5日からスタートした「ABC座 全国公演」。

3月7日(水) 18:30 (大阪三日目・最終日)
A.B.C-Z ☆☆☆☆☆5Stars (「ABC座 全国公演」)
大阪・NHKホール
行って来ましたーーーーーー!

 



日生劇場と違うところは、
主体はコンサートで、その中で、「2月に日生劇場で上演していたミュージカルを少しご覧下さい」てな感じ。
ライヴ→ミュージカル→MC→ライヴという流れ。
”5 Stars”は、ミュージカル部分ではなく、ラスト・アンコールにて披露でした!

全然知らずに行ったので、初っ端からお客様が立ち出してビックリしてしまった。(笑)
今思えば、私は2階席だったけど、立ってたわww(日生劇場はあかんかったよね)






2階M1列10番台(2階最後列)
意外と見やすいホールでした!


▼ 「Za ABC ~5Stars~」
▼ 「Crazy Accel」
▼ 「A to Z」
▼ 「Naked」
▼ 「STAR SEEKER」
▼ 「Dream ~5つの願い~」
▼ 「もう君以外愛せない」(橋本)
▼ ダンス(五関)
▼ アクロバット(塚田)
▼ 「はじめりの音」(戸塚)
▼ 「別れ行く3人」(河合)  かっこいい・・・・・・
▼ 「Dream ~5つの願い~」
▼ 「A.B.C-Z」
▼ 挨拶


▼ミュージカル(星劇場ダイジェスト)

桜の木は、幕に絵が描かれたものになってました。

・戸塚爺
戸塚爺 「あの世からアナ(ANA)に乗ってやって来た!」
リョウスケ 「?なんて?」
戸塚爺 「ANAじゃ!つまらんことを2回も言わせるな!」
ANAが分かりくいww
てか、まぢで大阪には飛行機で来たのかな?

平家物語の冒頭を全部言えたリョウスケ。
戸塚爺 「ジャニーさーーーーん!橋本が台詞全部言えたよーーーー!!!!」
と、大声で叫んでてチョー可愛かった!(笑)

「A.B.C-Z」終わりの為、蛍光黄色の手袋が見えてる戸塚爺。
戸塚爺 「こんな派手な手袋が似合うのはワシくらいじゃ!」
タイムスリップは、戸塚爺・リョウスケで手をつなぎ・・暗転とともに上手下手へそれぞれ走ってハケ。


・戦国武将・フミト登場
日生劇場では、襲い来る武士・数人を次々に斬る。でしたが、人がいないからかな?
フミト×渡辺で、渡辺くんのみが襲い掛かる・・フミト斬る・・渡辺倒れ・・ると思いきや倒れずまた襲い掛かる・・を繰り返し、渡辺くんゾンビ化。(笑)
もちろん、会場笑いは起きるわけです。(笑)

フミト 「そいつがリョウスケか!・・リョウスケに仲間はいるのか?」
戸塚爺 「4人ほどいると伺っております。」
フミト 「ヨシ、私が友(仲間?)の大切さを教えてやろう!」
フミト 「速達でこちらへ送り込め!」
フミト 「続きはジャニーズウェブで!」 


▼ 1500年代 戦国時代 戦国武将・フミト(1957年生まれ リョウスケのひい×15おじいちゃん)

フミトの家来は、塚ちゃん!

フミト 「この時代は刀というものを持ってるやつがそこらへんをうじゃうじゃ歩いている!もちろん、俺も持っている!この刀で悪い奴らを一人、二人、三人と斬り倒して、この村を変えていこうと思っているのに、それがどうにもこうにも伝わらない今日この頃!そんな俺のことを認めてくれた可愛い家来が・・・・」
塚田 「塚ちゃんだーー!」
フミト 「みんな、覚えて帰ってくれよな☆」 ←ここ、やっぱりチョーーーー可愛い!!(*/▽\*)

それにしても、衣装が大きい塚ちゃんに
フミト 「その服大きくないか?誰かのおさがりか?」って言ってて笑えた。
めっちゃ大きいww

突如襲い来る武士たちと戦に。
塚ちゃん 「俺に任せろーーーー!」と、登場も、それ言った瞬間にグサッと数人に刺され倒れ込む。
フミト、めっちゃあっけにとられた顔して
フミト 「・・・・え?・・・・ちょっと待ってぇーーーー・・・」
って、「嘘ーーーー!?!?」みたいな顔して恐る恐る倒れてる塚ちゃん確かめに行くところとか
めっちゃ笑った!
あの「!?!?!?!?」な演技最高!上手い!笑
塚ちゃんが死んでしまったことを確認したら、静かに十字架をきって
フミト 「塚ちゃーーーーーーーーん!」 ←日生でいう「ケントーーーーーーーー!」と至って真面目なシーン。
そこからは、もうカッコイイお姿で。うっとり。

リョウスケ 「てか、塚ちゃん弱すぎだろ!」からの、
リョウスケ 「フミト、友の大切さを教えてくれてありがとう。」


▼ 20世紀前半 戦争中 兵士・コウイチ(1925年生まれ リョウスケのひいおじいちゃん)

♪ 「I LIKE IT」
♪ 「Mysterious Dance」


▼ 20世紀半ば 1960年代 ロックスター・ショウタ(1945年生まれ リョウスケのおじいちゃん)

戸塚爺 「俺がお前のおじいちゃん・・ショウタだ!」の言い方好き〜

♪ 「Za ABC~5 Stars~(英語ver.)」
ギターを取りに来た渡辺くんに、指差して
戸塚「ショウタだ!」渡辺「ショウタだ!」二人「ショウタだ!」って言ってた。

♪ 「見果てぬ夢を」
ジュニアにリフトしてもらうところは、アクン登場で、アクンにお姫様抱っこしてもらってた。(笑)
すごいイキオイで走って行って飛びついてた。

エージェント役はアンダーソン。付き人というか通訳に関西ジュニア?のリチャード。
アンダーソンは英語で喋るので、その通訳をリチャードが。
ピストルをショウタに向けてカウントするところも、「テン!」「じゅう!」 「ナイン!」「きゅう!」って通訳が入って爆笑。


▼ 20世紀後半 1990年代 技術者・リョウイチ(1970年生まれ リョウスケのお父さん)

河合・八百屋
五関・魚屋
戸塚・豆腐屋
塚田・エンジニア

セットはかなり質素。(笑)
郁くん、今回はサングラスのみ。(サングラスは日生と同じものだった!)

・リョウスケ 「今何年ですか?」
八百屋、魚屋の肩を抱いて、胸元に抱き寄せ
八百屋 「今は、1985年だよ!」
魚  屋 「八百屋さん、あ・と・で☆」 ・・・・・・・・。
八百屋 「(リョウスケに)続けて!」
リョウスケ 「続けられない!」
八百屋 「後で教えてやるから、俺らの関係。」

・市議会委員はアクン。

・豆腐屋(市議会委員に)「お前の息子と俺の息子、どっちが理想の息子か勝負だ!!」
って、私、家に帰ってから気付いたんですが、下ネタ・・・・!!!!wwww

・八百屋ハケ際
ゆっくりサングラスを外して、歓声を浴びる
八百屋 「藤ヶ谷と北山はこれが嬉しいだなーー!」

・豆腐屋ハケ際
豆腐屋 「俺がプロボクサーになる夢を諦めたとき、豆腐屋になることを勧めてくれたのは、八百屋さんだ!」
ふみとつーーーーーーーー!!!!!!
あの無口な豆腐屋さんが、なぜかあの(!)八百屋さんを慕ってる(ように見える)理由はここにあった!(笑)
八百屋さんが市議会員側についたときに豆腐屋さんも一緒だったのが違和感だったけど、
そーゆー理由があったのなら納得。
相当、信頼してもらってるだろうね、八百屋さん・・・・。
と、勝手に妄想で沸くww

♪ 「涙君さよなら」はなし
♪ 「宙船」
交互に歌うとき、アクン市議会員はギターなので、
ふみとつの「宙船」聴けた!
素敵!(*´▽`*)

投票結果は、現役市議会員が勝利!ってところに
「ちょっと待ったーー!」で、関ジュ2人が登場リョウイチ側につき・逆転勝利・・・ってところに
「ちょっと待ったーー!」で、またもや関ジュ2人が今度は現役市議会員側につき・またもや逆転勝利・・・ってところに
「ちょっと待ったーー!」で、関ジュ大人数が登場。
その中の一人・淳太くんが(淳太くん登場時の歓声すごい!!)
「昨日の「ハピくる!」であまり面白いことを言えずに凹んでるエンジニア塚田を応援する!」(みたいなこと言ってた)ってことで、
結果、エンジニア僚一の勝利!
ちなみに、「エンジニア僚一」を「エンジニア塚田」と言って突っ込まれ(笑)
淳太 「今そこで聞いたとこやで!」って笑ってたーー
とにかく、結構な大人数が来てくれていて、A.B.C-Zもビックリだった様子。

リョウスケ 「みなさん・・・よかったですね!」から、通常の流れに戻したいのに
さっきの余韻で戻りにくくなってて、「やりにく!」って言ってた。
引き締め直しで
リョウスケ 「よかったですね、リョウイチさん、いえ、お父さん!」
からの・・・・


▼ 21世紀 現代 少年・リョウスケ(1993年生まれ

♪ 「T.A.B.O.O」
東京で聞いてすっごく好きだった曲。
ダンスもほんと上手くなったなーって思ってた。
けど、大阪は東京ほどの感動を感じなかった・・・申し訳ない。

と、ここでミュージカルは終わり かな?



▼ 「明日の為に僕がいる」
新しい衣装。
なんとも言えない色合いの衣装だったな・・青系・・スーツ系・・
A.B.C.4人が先にステージにいて、あとからハッシーが登場。
そのとき、4人のお兄たちがハッシーをあったかく迎えて5人で歌ってた。
ステージ上部にあるモニターに、過去の映像(確かエビキスコン・A.B.C-Zファーストコンとか)流れていたけど、
毎回思うが、映像も見たいし、そこにいる本人も見たいしで、どっち見ようかかなり迷う。。


▼ MC
河合 「みなさん盛り上がってますかーーーー!」か「みなさん元気ですかーーーー!」とかそんな感じ。(ぇ)
河合 「マスカラつけてますかーーーーーー!?!?」 マスカラ好きねぇ。

・昨日出演した生番組の話
「昨日見てくれた人ーーーー?」 もちろん手を挙げたさ!
「やっぱ生放送って慣れない!緊張するね!」
「淳太は、関西ジュニア一生放送に慣れてる人らしいですからね!」
戸塚 「去年、関西ジュニアと「少年たち」をやったときも、水曜日(?)は生放送に出るために、大阪と東京行き来してましたからね!」

・関西ジュニアの話
「今日は関西ジュニアがたくさん見に来てくれました!
「さっきあんなにいると思ってなかったからビックリしたよね!」
「室次男もまた来てくれてたね!」
「大阪の一日目にも来てくれてたんですけど、今日また来てくれて。」
河合 「さっき、「お前また来たの?」って言ったら、「ちゃうんすよちゃうんすよ!」って言うから「え?見ないの?」って言ったら「見ますけどー。」って!見るんじゃん!っていうね!笑」
戸塚 「でも、こんなにいるのに、ただ、濱ちゃんがいない!」
河合? 「トッツー濱ちゃん大好きだもんね!」
河合 「今、「(滝沢)歌舞伎」で東京にいますからね。」

・握手会でもらえるミニタオルの話
「5枚集めてもらったら、☆のカタチになるんで、是非5枚集めてください!」
河合 「河合が好きじゃないっていう人も、是非5枚集めて下さいね!」
つーか、郁くんのがいるし!!

・DVDの話
「この大阪に来て、またみなさんがたくさんDVDを買って下さったので、DVDチャートが、また2位まで上がってきたんだよね!」
河合 「枚数言っていいのかな?」
河合 「つーこさん枚数言っていいーーーー?」と舞台ソデを見る郁くん☆
返事は多分返ってきてない?
河合 「一日目より二日目のほうが倍になったんですよね!」


▼ ジュニアコーナー
▼ 「Vanilla」
▼ 「砂のグラス」
▼ 「InaZuma☆Venus」
▼ 「Freedom ~溢れ出す想い~」
▼ 「ボクラLOVE&PEACE」
▼ 「HIGEHR!FLY!」
▼ 「LET'S SING A SONG」 ”Join us”の郁くんの発音がちゃんとジョイ(ン)アス”だった!
▼ ジュニア紹介

▼ アンコール
・”5 Stars”(「OPEN YOUR HEART」) ここでの大技披露!やっぱりここは見入ってしまうけど、曲は口ずさんでしまう。この曲好き。
・「Za ABC ~5Stars~」

▼ Wアンコール
・「孤独のRUNAWAY」 大阪公演ラストってことでWアンコール。




やはり、日生劇場に比べると短くなってるけど、それは仕方ないよね。
でも、すごく楽しかったーーーー!
ありがとうーーーー!
A.B.C-Zが主役で単独コンで関西へ来てくれたことが嬉しかった。
関西での生放送への出演や関西でのステージを
楽しんでいい思い出として帰ってくれていたら嬉しいな。


そして、公演後は握手会☆

20:37 | ★STAGE / CONCERT | -
20:37 | - | -